センターについて

理事長 挨拶

理事長 山野 之義(金沢市長)

理事長 山野 之義
(金沢市長)

ようこそ、当センターのホームページ へ!

“ 働き方 ”への意識改革が進みつつある昨今、働きやすく、生活しやすい職場環境の整備は、企業にとって喫緊の課題となっています。

『 元気な職場は、従業員の笑顔から! 』

当センターが提供する福利厚生サービスにより、
“人材(=人財)の確保・定着”“企業の振興”“地域社会の発展”
という流れを創出し、活力ある地域社会が更なる優秀な「人財」を呼び込む、私共の福利厚生サービスがその原動力となることを願って止みません。

未加入企業の皆様におかれましては、ぜひ 当センター加入をご一考いただければ幸いです。

(公財)金沢勤労者福祉サービスセンターとは?

金沢市が設立し、現在、金沢市をはじめとする9市町からの支援を受け、主に県内で働く従業員と事業主のための福利厚生サービスを提供する公益財団法人です。

法人格の有無を問わず、個人事業主様から大企業の皆様までを加入対象としています。

これらの企業や市町の協同化によるスケールメリットを生かし、単独では実現できない充実した福利厚生サービスを提供し、勤労者福祉の向上を図るとともに、企業の振興および地域社会の発展に寄与することを目的としています。

サービスセンター運営のしくみ

サービスセンター運営のしくみの図

金沢市をはじめとする9市町がバックアップしており、安心安全です!会費は各種事業を通じ、主に会員のために使われます。
多くの勤労者の方々が加入することにより、事業内容の充実が図られます。

サービスセンター概要

名称 公益財団法人 金沢勤労者福祉サービスセンター
代表者 理事長 山野 之義
沿革
  • 平成10年10月 1日
    任意団体として発足
    会員数1,019名で事業スタート
  • 平成11年 8月25日
    財団法人化
  • 平成19年 4月 1日
    会員数10,000名を突破
  • 平成24年 4月 1日
    公益財団法人に移行
事業内容
勤労者等の生活の安定・財産形成に関する事業
勤労者等の健康の維持増進に関する事業
勤労者等の自己啓発・余暇活動に関する事業
勤労者等の給付に関する事業
その他この法人の目的達成のために必要な事業

情報公開

全国のサービスセンター

  • 大企業と中小企業との間の福利厚生サービス格差解消を目的とし、国が各自治体に働きかけ、全国各地にサービスセンターが設立されました。
  • 各自治体の補助金や、会員の皆様からいただいた会費が主な財源です。
  • 福利厚生サービスの内容や会費額は、サービスセンターごとに異なり、独自の運営がなされています。

各サービスセンターの活動をサポートし、情報共有の場を提供している団体が、「全福センター」です。(※)
全福センターに加盟しているサービスセンターは約200ヶ所あり、会員数は約122万人。(平成30年7月時点)
当センターも加盟しています。

全福センターが提供する全国規模のサービスを、当センター会員も利用することができます。

※「全福センター」は、一般社団法人 全国中小企業勤労者福祉サービスセンターの略称です。

  • 一般社団法人 全国中小企業勤労者福祉サービスセンターのサイトへ
  • 全国のサービスセンター検索サイトへ